NPO法人セトラひろしま

まちづくりネットワーク

  • facebook

セトラ通信

NO.153 2020年3月号

理事長 今月の一言

世界中が新型コロナウイルスによって大変な事態になっています。先日までは余所事のようでしたが、広島市内にも4名の感染者〈3/30 現在〉が出てしまい身近に迫っている感があります。商店街では高齢者が減り、逆に若者は増加しているため人通りもいつもよりは減ってはいるものの極端に少ないわけではありません。ただデパートや飲食関係、映画館などの落ち込みは深刻です。感染者がさらに増加した場合、経済だけではなく生活全体に対する影響は甚大です。一刻も早い終息を祈ります。

中振連では「ゆかたできん祭」をどうするかが議論され、ほぼ中止の方向で調整中です。市民の楽しみを奪うことは本意ではありませんが、数十万人が密集した状態になりますので現状では中止にせざるを得ないと考えます。ただ「とうかさん」自体は円隆寺さんの行事なので我々に決定権はありません。露店の出店取りやめと共に自粛して頂くことを願うのみです。

セトラひろしまへの影響も大きいです。広島市の事業である「もとまち自遊ひろば」も3月から休止状態が続いています。「はなのわ2020」への花の植え付け作業も中止。松川理事が地元プロモーションを担当していた「FISE Hiroshima 2020」が延期。私も実行委員会に入っていた「ポップカルチャーひろしま2020」も中止。すべてが中止に追い込まれる中、本来ならAH!も広島市が絡んだ事業なので中止するべきなのですが、FISE やフラワーフェスティバルのために1年間努力してきた人たちのためにも開催したいという松川理事の強い思いを受けて、別の事業形態にしたり、有効な制限や工夫をすることにより、何とか4・5 月は開催できればと考えています。皆様どうぞご理解下さい。

そんな中でも明るい話題は、東急ハンズ前の相生通りで実施している紙屋町八丁堀公共空間活用社会実験「カミハチキテル」が、3/29 までの予定が5 月10 日まで延長になったこと。心配されていた渋滞もほとんどなく、各所からも好評だったため警察
も許可してくれました。これで紙屋町八丁堀のエリアマネジメントも一歩前進し、次のステージに上がれると思います。
それではセトラ通信をごゆっくりお読み下さい。

<4月10日 追伸>
コロナウィルスが予想以上に蔓延し、政府からも「緊急事態宣言」が発令され、それに伴い広島市からのアリスガーデンでの イベントの自粛要請がなされましたので、協議の結果、私たちもこの非常事態の収拾に協力すべく、アリスガーデンでのイベントを当面の間中止することに決定いたしました。何卒、ご理解頂きますようにお願い申し上げます。

(NPO 法人セトラひろしま 理事長 若狭 利康)

(NPO法人セトラひろしま理事長 若狭 利康)
→続きはPDF版ライン

セトラ通信バックナンバー

2020年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2013年

1月 2月  3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2012年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2011年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2010年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2005年

11月 12月 ライン01